申請して支給される生活保護費とは

申請して支給される生活保護費とは
よくどこかで、または身近な人が「生活保護を受けている」という話を聞いたことがあると思いますが、そもそも「生活保護」とは一体どういったものなのでしょうか。

生活保護とは、日本の生活保護法によって規定されている、経済的に困窮する国民に対して、国や自治体が健康で文化的な最低限度の生活を保障するために、生活費を給付する公的扶助制度です。

人生は思わぬところで様々な不運に見舞われることがあります。「家庭の事情で収入を得ることができない」「病気で働くことが難しく生活が苦しい」「母子家庭になってしまった」「もらえる年金が少なくて生活が困難」といった様々な理由があります。これはどうにもならないお金の問題ですね。

いろんな事情で生活が困難な方に「最低限度の生活を保障する」のが生活保護制度です。つまり、「生活保護費」を支給し、受給者とその家族の生活、または人生の手助けをするという制度なのです。

生活保護え受けられる「生活保護費」を受給することによって、困窮している生活を立て直すきっかけとなりまた、ひとつの方法であり、生活の基盤となってくれるはずです。

お金が稼げず、そのせいで生活が苦しくて悩んでる方々に、生活保護という制度を知ってもらい、少しでも安定した生活が送れるようになってもらえたらいいと思います。

生活保護費は個人単位ではなく世帯単位で支給されます。物価や地価などの違いから格地域に「級地」という定めがあり、お住まいの地域によって生活保護基準が多少異なってきます。

級地や生活保護基準と、世帯全体の収入を比べて不足する金額が受給額となります。生活保護には食費や光熱費などが含まれる生活扶助をはじめ、必要に応じて各種費用に対応した扶助が受けられます。

世帯に障がい者がいる場合や母子家庭の場合な、各世帯の事情によって生活保護受給額が変わります。世帯の方に収入がある場合、これらの生活保護基準額から収入分が引かれた額が支給されます。

最低限度の生活の保障なので、各世帯ごとの収入を確認し、足りない部分を補い生活を保障するのが目的ですが、生活費はもちろんの事、「メガネを無料で作る」事だってできます。お住まいの地域の生活保護担当員もしくは民生委員に「メガネが必要」と相談し、「医療費給付の申請」をします。

申請の手続きが終わると診察を受けるための「医療券」とメガネを作るための「給付要否意見書」がもらえます。ここまで生活の面倒を見てくれるのは凄いですね。生活保護を受けてる人だけではありませんが、受ける際は、特に、最もな理由と使い道をよく考え「生かされている」ことを胸に抱き大切に日々生きて行かなければなりません。